よくあるご質問

カテゴリ:受験申請について

  • Q

    受験申請について本名の漢字が旧字体や外国姓のため入力できない場合はどうすればよいですか。

    外国籍の方や本名を住民票記載の字で入力できない方は、受験申請の際、氏名欄をカタカナまたは略字で記入した上で備考欄にその旨ご記入ください。
    受験にかかる通知書等はすべてカナまたは略字で対応いたしますが、国家資格ご登録手続きの際に指定登録機関から照会があった場合、略記のお申し出があった旨を連携いたします。

  • Q

    受験申請について補聴器や車椅子の使用など、受験上の配慮を希望する場合は、どうすればいいですか。

    疾病や障がい等がある、または日常生活において、補聴器、車椅子等を使用している方で、試験当日も同様の使用を希望される方など、特別な配慮を必要とされる場合は、受験申請の前に、協議会にお問合わせください。配慮申請書をお送りいたします。 その後、申請内容にもとづき、受験上の配慮を検討いたします。 なお、配慮の内容によっては診断書・医師の意見書の提出をお願いすることがございます。
    また申請後に不慮の事故等により、特別な配慮を必要とする場合においても、協議会にお問合せください。

    申請がない場合、各試験会場では受験上の配慮を行いませんので、ご了承ください。なお配慮のご申請は、試験回ごとに配慮申請書のご提出が必要です。過去の受験において同様の内容で配慮申請された場合であっても、お手数ですが、申請書のご提出をお願いいたします。

    また、受験申請期間を過ぎたお申込みについては、原則対応いたしかねます。
    ただし、不慮の事故等による怪我などにより配慮が必要になった場合は、遅くとも学科・実技(論述)試験日の2週間前までにご連絡ください。

    詳細は、「各種申請、変更届」のページをご確認ください。

  • Q

    受験申請について申請受理の連絡はもらえますか。 申請審査は完了していますか。

    多くの申請があり個別に調査してお答えすることが叶いません。
    全体の審査が完了した後、試験ウェブサイト「試験に関するお知らせ」で審査完了の旨、お知らせいたします。
    なお、不受理となる方には個別にご連絡し申請書類と受験料の返還を行っています。

  • Q

    受験申請について受験申請方法を教えてください。

    Web上での申請と、書面による郵送での申請の2種類があります。詳しくは試験ウェブサイト「受験申請」をご覧ください。

  • Q

    受験申請についてビジネスネームでの受験申請は可能ですか。

    キャリアコンサルタントの登録は本名で行うことになりますので、受験の際は、本名で申請してください。万が一ビジネスネームで申請された方は変更手続きをしてください。すでに合格通知書をお持ちの方も同様です。

  • Q

    受験申請について受験案内・申請書はどこから入手できますか。

    試験ウェブサイトからダウンロードする方法と試験センターに請求する方法があります。詳しくは試験ウェブサイト「受験申請」をご覧ください。

  • Q

    受験申請について受験申請にあたり受験資格を証明する書類は必要ですか

    受験資格によっては必要です。それぞれの受験資格によって証明書類が違いますので、試験ウェブサイト「受験概要」でご確認ください。

  • Q

    受験申請について添付する受験資格等を証明する書類の名前が、現在の名前と違う場合は、どうしたらいいですか。

    申請書A票のⅣ. (Web申請の場合は備考欄)にその理由をお書きください。

  • Q

    受験申請についてキャリアコンサルタント養成講習の修了証明書を紛失した場合どうしたらよいですか。

    受講した団体で再発行してもらってください。

  • Q

    受験申請について受験申請後に引越しの予定です。申請の住所はどうしたらいいですか。

    試験は現住所で申請いただき、引越し後「住所・送付先住所変更フォーム」により、変更の手続きをしてください。
    なお、手続きの時期によっては受験票・結果通知書の発送に間に合わない場合がありますので、併せて郵便局に転居届をご提出ください。

  • Q

    受験申請について受験申請後に姓が変わる予定です。申請の氏名はどうすればよいですか。

    試験の申請は、変更前の氏名(本名)で手続きを行ってください。合格後、 キャリアコンサルタントの登録申請をしていただく際に、現在の姓と変更前の姓(受験時の姓)とが分かる公的書類(戸籍抄本等)を添えてお手続きしてください。詳しくは「国家資格キャリアコンサルタントWebサイト」をご参照ください。

  • Q

    受験申請について氏名(あるいは生年月日)を誤って記載(入力)し、申請してしまいました(ビジネスネームでの申請含む)。どうすればよいですか。

    氏名・その他個人情報変更届」により、修正の手続きをしてください。その際、 正しい氏名(本名)、あるいは生年月日が確認できる公的書類の写しが必要です。
    なお、手続きの時期によっては、合格通知書への反映に間に合わない場合があります。反映できる期限に間に合わなかった場合は、こちらを参照ください。
    氏名の変更があった場合はこちらをご参照ください。

  • Q

    受験申請について実技(面接)試験の希望受験地区、希望日を申請できますか。

    東京・大阪を除く受験地区については、受験地区のみ希望できます。
    東京・大阪地区は試験回によって、日程を希望する事が出来る場合があります。
    詳細は試験ウェブサイト「受験概要」をご覧ください。

  • Q

    受験申請について実技(面接)試験で確定した受験日を変更することはできますか。

    できません。

  • Q

    受験申請について受験申請後、キャンセルは可能でしょうか。その場合、受験料は戻りますか。

    受験申請受理後、受験者の都合による申請の取り消しには応じられません。また、受理した受験料は返金いたしません。

  • Q

    受験申請について受験申請後、今回の受験を取りやめ、次回試験への振替えはできますか。

    受験申請受理*後は、受験申請者の都合による、いかなる理由があっても取り消しはできません。また次回以降の試験への振り替えもできません。
    キャンセルされる場合、受験料の返金も出来かねますので、事前に日程等をよくご検討の上、受験申請を行ってください。
    *受験申請受理とは
    受験申請を受付後に審査を行います。審査が確定した段階で受験申請受理となります。

  • Q

    受験申請について平成28年3月までに標準レベルのキャリア・コンサルタントの養成講習を受講し修了していますが、受験資格はありますか。

    平成28年3月までに標準レベルのキャリア・コンサルタントの養成講習を受講し修了している方は、2021年3月31日で経過措置資格での受験は廃止となっております。

  • Q

    受験申請について以前、標準レベルのキャリア・コンサルタント試験において一部合格をしています。キャリアコンサルタント試験においても一部合格は有効ですか。

    2021年3月31日で無効となっております。

  • Q

    受験申請について技能検定2級(または1級)に一部(実技試験または学科試験)合格しています。キャリアコンサルタント試験では、この一部合格は有効ですか。

    技能検定2級(または1級)の一部合格された方は、一部合格していないもう一方のキャリアコンサルタント試験を受験し、合格することによってキャリアコンサルタントに登録することができます。

  • Q

    受験申請についてキャリアコンサルティング協議会の他に別の団体が試験を実施していますが、学科試験と実技試験は違う団体で受験することは可能ですか。

    可能です。ただし、両団体で学科・実技(論述)試験の試験会場が異なる場合があります。試験会場のご連絡は受験票発送時となりますので、予めご注意ください。(事前の試験会場のお問い合わせには対応しておりません)

  • Q

    受験申請について簡易書留または特定記録、レターパックで送付とありますが、それ以外で送った場合は受け付けてくれないのですか。

    受付はできますが、郵便事故等における責任は、協議会では一切負えません。

  • Q

    受験申請について領収証を作成してもらえますか。法人名義で作成してもらうことはできますか。

    受験票に領収書が添付されておりますのでご活用ください。
    なお、申請者名以外の宛名で領収書が必要な方は、
     ・受験票から切り取った領収書
     ・返信用封筒(返信先を明記し、84円切手を貼付したもの)
     ・日中連絡可能な電話番号と、希望する宛名を明記したメモ書き

    以上3点を同封の上、協議会までご郵送ください。 到着し次第、領収書を再発行・郵送いたします。

    ご郵送先:〒105-0021
    東京都港区東新橋2-11-7 住友東新橋ビル5号館 9階
    特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会 総務部